ゼオスキンのプログラムの中でも人気の高いのが「セラピューティックプログラム」。このセラピューティックプログラムでは、ハイドロキノン配合の「ミラミン」「ミラミックス」と処方薬の「トレチノイン」を一緒に使っていくのが特徴です。基本的にはセットで使用するのが効果的だと言えますが、アイテムの中でも注目を集めている「ミラミン」単体でも効果を実感することはできるのでしょうか?今回の記事では、「ミラミン」単体での効果や使い方を解説していきます。

  • ミラミンについて
    ミラミンはゼオスキン製品の中でも、シミやくすみが気になる方に適している、透明感ケアができる美容クリームです。
    ミラミンは主にセラピューティックプログラムで使用するアイテム

    ゼオスキンには「セラピューティックプログラム」などの4つのプログラムがあります。一人ひとりの肌に合わせて、医師の指導のもと使用していくスキンケアです。ミラミンは、セラピューティックプログラムで使用するアイテムのひとつ。セラピューティックプログラムは、肌のくすみやシミが気になる方やニキビなどの肌荒れが気になる方に適した、ゼオスキンの中でも最も積極的なケアを行っていくプログラムです。そのプログラム製品の中でミラミンは、漂白成分のハイドロキノンを配合しているため、くすみのない透明感のある肌を目指すことができます。
    ルサンククリニック 公式Instagram lecinq_clinic

    ハイドロキノンを4%配合したアイテム

    ミラミンには、「ハイドロキノン」という成分が配合されているのが特徴です。このハイドロキノンは、メラニン色素を作り出す酵素・チロシナーゼを防いでくれる成分のこと。さらに、シミのもととなるメラニン色素を作り出す細胞・メラノサイトでメラニンを作らせないようにする働きもあります。そのため、紫外線などのダメージなどを受けて、シミやくすみが気になる肌へ効果を実感することができるのです。ゼオスキンでは、セラピューティックプログラムのアイテムとして「ミラミン」と「ミラミックス」に配合されています。

    ミラミンでは皮剥けはしない

    セラピューティックプログラムを開始すると、皮剥けや赤みが起こるもの、と認識している方がいますが、このような反応は処方薬の「トレチノイン」の作用によるものです。つまり、ハイドロキノンを配合した「ミラミン」や「ミラミックス」には皮剥けの作用はないのです。しかし、ハイドロキノンの成分自体にアレルギーが出てしまう方も稀にいるため、その場合赤みが出てしまう可能性があります。「ミラミン」「ミラミックス」は、使用する前に医師に相談してから使うことをおすすめします。
  • ミラミンの使い方
    では、「ミラミン」はどのように使用するのが正しいのでしょうか?ここではミラミンの使い方について詳しく説明していきます。
    セラピューティックプログラムのセットで使う

    「ミラミン」は、より積極的なスキンケアができる「セラピューティックプログラム」で使用していくことで効果的に肌の状態を改善することが可能です。使用するときには、ゼオスキンの洗顔、化粧水を使用した後、日焼け止めを塗る前に「ミラミン」を塗りましょう。「ミラミン」は朝晩使用することができますが、しっかりと日焼け対策をすることが大切です。
    半年以上は続けて使わないようにする

    肌のくすみやシミなどに効果が期待できる「ミラミン」ですが、半年以上使用すると、ハイドロキノンの作用により、逆にシミを作ってしまう可能性があります。そのため、ハイドロキノンを配合している「ミラミン」と「ミラミックス」は、連続使用で最長半年間集中的に使用したらその後は一旦中止するようにしましょう。
    ミラミン単体でも使用可能

    「ミラミン」はセラピューティックプログラムのほかのアイテムや、処方薬の「トレチノイン」と併用することでより美しい肌作りができますが、もちろん「ミラミン」のみでも使用することが可能です。単体でも使用できるので、いつものスキンケアにプラスして使用していくこともできます。その場合、「ミラミン」を塗った後はしっかりと日焼け止めを塗ることを心がけるようにしましょう。