銀座の美容皮膚科【ルサンク】

ゼオスキンでよく聞く“A反応”って何?〜 始める前に知っておきたい使い方と注意点〜

ゼオスキンを使うと“A反応”という反応が起こることがあります。具体的にはお肌に赤みや腫れなどが起こるので「もしかして合っていないのかも」と心配する方もいますが、実はこれは効果が現れるまでの通過点なのです。
ここでは、A反応の特徴や、A反応が出るゼオスキン製品の種類、A反応との上手な付き合い方などについてご説明します。

目次
A反応とは? A反応は効果が出るまでの通過点 A反応との上手な付き合い方 A反応が起きているときの注意点 ゼオスキン製品の購入方法 ルサンククリニックに相談を 

A反応とは?

“A反応”とは、ビタミンAが不足している肌に多くのビタミンAを補った際に起きる反応のことを指します。ビタミンAによって肌の新陳代謝が促されることで、古い皮膚を押し出しています。そのため、塗った箇所に一時的に赤みや腫れ、乾燥、古い角質の剥離、ほてり、ニキビが悪化したような状態、ヒリヒリ感などが起こることがあります。このような反応は、肌がビタミンAに慣れていくと自然に治まっていきます。

症状が治まるまでの期間は人によって異なりますが、ゼオスキン では使いはじめの3~4週間ほどは反応が起こりやすく、4~6週間ほどで治まることが一般的です。

ビタミンAの種類によって異なる反応

ビタミンAにもさまざまな種類があり、種類に応じて肌への効果やA反応の起こりやすさが異なります。

ゼオスキンで使用するプログラムや製品によっては、ビタミンAの一種であるレチノールやトレチノインが含まれます。両者とも大きなくくりでいうと同じビタミンAですが、トレチノインはレチノールよりもおおよそ100倍の生理活性があるとされ、作用が強いことで知られています。

具体的には、トレチノインは医師の処方が必要な医薬品成分で、皮膚への刺激が強く、A反応も起こりやすいという特徴があります。一方、レチノールは医薬部外品成分でトレチノインと比較すると皮膚への刺激は弱く、A反応も起こりにくい傾向にあります。

A反応は効果が出るまでの通過点

A反応は、古い皮膚を押し出している反応であり、その反応を経ることで次第に効果を実感できるようになります。A反応が収まってくると、ビタミンAの主な効果である紫外線防御機能や、コラーゲン・ヒアルロン酸生成の促進、メラニンのコントロール効果などが期待できるようになります。

A反応が出る製品

ゼオスキンには多くのアイテムがありますが、ビタミンA(レチノールやトレチノイン)が配合された商品には次のようなものがあります。

製品名 価格
スキンブライセラム 0.25% 11,000円
スキンブライセラム 0.5% 12,540円
Wテクスチャーリペア 19,360円
ARナイトリペア 19,800円

※価格はルサンククリニックでの販売価格(税込)です。

これらはいずれもレチノールが配合されており、A反応が起こる可能性が高い商品です。A反応が起こるまでの目安は、Wテクスチャーリペアが1〜2日程度、スキンブライセラム 0.25%/0.5%、A Rナイトリペアの3品は2~5日後です。

この違いは単純にビタミンAの配合量によるものだけではなく、“オレオソーム化”しているかどうかにもよります。オレオソーム化とは、レチノールを肌に効果的に届けるため、レチノールをカプセルに閉じ込めた状態を言います。Wテクスチャーリペアはオレオソーム化していないので、A反応が起こるのも早いというわけです。

A反応との上手な付き合い方

基本の塗り方

トレチノインは使い始めの1か月程度は、A反応が出やすいとされる口元や小鼻、目もとなどは避けるほか、顔より下の首やデコルテなどにも塗らないようにしましょう。まずはTゾーンや頬だけに使うのがよいとされています。

また、自己判断で保湿剤などを使ってしまうと効果を弱めてしまう可能性があります。そのため医師から処方されたものだけを使うようにし、摩擦を避けるためにコットンは使わずに手のひらで塗るのが基本です。

なお、トレチノインは長期間使用することで、肌に耐久ができて反応が起きなくなるため、長期間使用した後は一度お休みすることが必要です。そのため、ゼオスキンでは長くても4~5か月ほど使用した後、4~5か月のお休み期間を設けることが一般的です。

A反応の調節方法

A反応はビタミンA(トレチノインやレチノール)を使う限りは避けることが難しいものですが、ある程度は調節が可能です。

とくに“ミラミックス”は医薬品であるトレチノインを混ぜて使うことが必要であるため、強いA反応が予想されます。なるべくA反応を抑えたい方は、トレチノイン の量を調整したり、別のアイテムを追加することをおすすめします。具体的な調整量や、追加のアイテムについては、医師と相談しながら決めましょう。

A反応を止める&カバーする方法

お出かけの予定などがあってA反応による皮むけを避けたい場合は、その日の1週間前に使用を中止することで、当日にはある程度の皮むけは抑えられるといいます。

また、A反応があってもメイクは可能ですが、皮むけがあると化粧ノリが悪くなります。ゼオスキンの商品にはメイク下地としても使える日焼け止め“サンスクリーンプラスプライマー”があるので、こちらを使用することがおすすめです。

A反応が起きているときの注意点

高濃度のレチノール を配合しているスキンブライセラム 0.25%/0.5%、A Rナイトリペア、Wテクスチャーリペアを使用中の方は紫外線の影響を受けやすくなります。紫外線が強い夏に限らず、レチノールをご使用中は毎日日焼け止めを塗ってください。

また、A反応が生じている間も化粧をすることは可能です。しかし皮むけなどが目立つ時期は、化粧が崩れやすくなるため、注意しましょう。

ゼオスキン製品の購入方法 

ゼオスキン製品は医師の指導のもと選択・使用するため、購入する際は取り扱いのある医療機関でカウンセリングを受ける必要があります。また、製品を使用することによって赤みや皮剥けなどの反応が起きることもあるため、アフターフォローの充実している医療機関を選ぶことも大切です。

ルサンククリニックに相談を

ルサンククリニックでは医師のカウンセリングからゼオスキン製品の購入、使用後の経過観察までを一貫して実施しています。忙しくてクリニックに行く時間がない方などにはオンラインカウンセリングも受け付けているため、クリニックに足を運ばずに製品を購入することが可能です。

手順はスマホでカウンセリング申し込み⇒医師に相談(オンラインカウンセリング)⇒製品購入(クレジットカード決済)ととてもシンプルです。本格的な肌ケアをしたい方は、まずはオンラインカウンセリングで医師にお気軽にご相談ください。

ご購入の流れ

STEP01
まずはスマホカウンセリング申し込み
ゼオスキンに興味のある方、購入したい商品が決まっている方もまずはスマホカウンセリング申し込み。
STEP02
店舗から電話
いますぐ申込した方
すぐに店舗から連絡します。
日時予約した方
前日または当日時間になったら店舗から確認連絡をします。
STEP03
医師・専門スタッフによるカウンセリング
カウンセリング後、商品を選択していただきます。カウンセリング料無料で受診いただけます。
STEP04
クレジットカードにて決済
クレジットカード以外にコンビニ後払いもしくは口座振り込みもご選択可能です。詳しくは受付スタッフ・カウンセラーへお問合せください。
※その他選べる決済方法(後払い決済)

新着記事

新着記事一覧を見る

事業者情報

運営: ルサンククリニック
住所: 〒104-0061
東京都中央区銀座6丁目12-12
サクラマークス銀座612 5階・6階
アクセス: 「銀座駅」 A4出口 徒歩4分、GINZA SIX出口 徒歩30秒(東京メトロ 銀座線・日比谷線・丸ノ内線)
「東銀座駅」A1出口 徒歩3分(東京メトロ 日比谷線/都営浅草線)